1. TOP
  2. Christofle(クリストフル)
  3. Christofle(クリストフル)のフィッシュナイフとフレンチのカトラリー

Christofle(クリストフル)のフィッシュナイフとフレンチのカトラリー

 2016/10/26 Christofle(クリストフル) よもやま話
この記事は約 2 分で読めます。 222 Views

今回はめずらしいナイフの写真からです。

78473931

このナイフは長さが約20cmあり、一見バターナイフのように見えますが

実はこのナイフはフィッシュナイフという種類で

フレンチの料理で使われる一般的なナイフの種類になります。

写真のフィッシュナイフはフランスのChristofle(クリストフル)という

シルバーカトラリーブランドのものですが

形状はバターナイフに似ています。

よく見るとナイフの先端に近い部分に窪みがあり、

サイズも大きいのでフィッシュナイフだということが分かります。

中々、日本では目にしない形状のナイフですが

フレンチレストランなどでは目にすることがあるかもしれませんので

ぜひ覚えておいて頂ければと思います。

 

Tigermilkでもアンティークのフィッシュナイフが

ごく希に入荷することが御座います。

やはりChristofle(クリストフル)のものがオススメです。

こちらもチェックして頂ければと思います。

アンティークのフィッシュナイフはこちらからどうぞ。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

北欧ブログ|北欧アンティーク雑貨やヴィンテージ食器についての注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

北欧ブログ|北欧アンティーク雑貨やヴィンテージ食器についての人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Tigermilk

この人が書いた記事  記事一覧

  • 北欧アンティークのTigermilkで6th Anniversary Saleはじまりました♪

  • Walter Bosse.jpのスペシャルクーポンのご案内

  • 能古の島のコスモスと秋桜の読み方

  • Walter Bosse.jpの八分袖Tシャツが発売されました

関連記事

  • 北欧のクリスマスとWalter Bosse

  • 蚤の市の意味とアンティーク商品

  • 福岡の県花の梅と北欧諸国での国花

  • Christofle(クリストフル)はカトラリーだけではない?オブジェの意外な人気

  • 銀杏とアンティークとその歴史

  • 2017年の干支は酉年。酉年の秘密とWalter Bosseの鳥のオブジェ