About

*

カバの生態と北欧のオブジェ

カバといえば、北欧のデザイナーが手がけるオブジェにも使われることが多く、

Lisa Larsonのカバのオブジェなどヴィンテージ商品にも

人気の高いものが多く存在します。

カバはアフリカの中部から南部の湖や河川、沼などの水辺近くに生息しているため、

北欧に縁の深い生き物とはいえないのかも知れませんが、

そのユーモラスな外見からか、デフォルメしやすいモチーフとして

世界中で愛されている生き物といえるかも知れません。

温和な草食動物というイメージがカバにはあるかもしれませんが

実際のカバは結構獰猛で、体長は3〜4m、

大きなものは5m近くになるといいますので

目の当たりにするとその迫力に圧倒されてしまうと思います。

写真の真鍮のカバはWalter Bosseの手がけたカバですが

やはりユーモラスなポーズを取っています。

ミニチュアのオブジェとしてはサイズが大きいので

存在感がありますが、作品の中のカバたちは

やはり癒やし系の動物といえるのかも知れません。

;

関連記事

ネコのミニチュアオブジェWalter Bosse.jpの新商品が入荷しました。

Walter Bosse.jpより真鍮製、ネコのミニチュアオブジェが入...

記事を読む

銀杏とアンティークとその歴史

皆さんがお住まいの街には銀杏の木がありますか? 当店の近隣にはイ...

記事を読む

北欧のリンゴの産地とアンティーク

リンゴ(林檎/りんご)といえば、一年中食べられる 日本では一番メ...

記事を読む

輸入できない松ぼっくりとアンティーク

日本でも松ぼっくりは意外と人気があるのをご存じですか? 寒い時期...

記事を読む

新着記事

ウェブデザイナーと優秀なウェブアプリケーションCanva

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが Tigemilkのシ...

記事を読む

AmazonのWalter Bosse.jpのショップで20%還元しています

AmazonのWalter Bosse.jpのストアで Walt...

記事を読む

福岡の2017年の花火大会のお話

福岡の花火大会で有名な花火大会としては 筑後川花火大会と大濠公園...

記事を読む

ネコのミニチュアオブジェWalter Bosse.jpの新商品が入荷しました。

Walter Bosse.jpより真鍮製、ネコのミニチュアオブジェが入...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

ウェブデザイナーと優秀なウェブアプリケーションCanva

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが Tigemilkのシ...

カバの生態と北欧のオブジェ

カバといえば、北欧のデザイナーが手がけるオブジェにも使われることが多く...

AmazonのWalter Bosse.jpのショップで20%還元しています

AmazonのWalter Bosse.jpのストアで Walt...

福岡の2017年の花火大会のお話

福岡の花火大会で有名な花火大会としては 筑後川花火大会と大濠公園...

ネコのミニチュアオブジェWalter Bosse.jpの新商品が入荷しました。

Walter Bosse.jpより真鍮製、ネコのミニチュアオブジェが入...

→もっと見る

PAGE TOP ↑